電化製品の値切り方の件 - 面白い事が大好きで悪いことは許せない(嘘)アフィリエイトで自由生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電化製品の値切り方の件

【今日の動画】
空耳 朝鮮・韓国語
は、記事の最後にあります。


ども。モヒモヒです。

昨日から今日にかけて、もの凄く眠い…
気候のせいか、なんなのかわからないがほとんど寝ていた。

TVで電化製品の値切り方を見たのだが、TVのとおり簡単に下がる。

ビックカメラで働いていた時は、値切ってくる客も当然いるしある程度下げることができた。
知っていると知らないとでは購入する価格がぜんぜん違うので知っておくと良い。

まず、ビックカメラは、他の店舗で安いものは同等もしくはそれ以下で販売しなければならないというルールがある。
宣伝でもやっているし店内の放送でも繰り返し言っている。

ただしこれにはルールがある。

・1日限定などの台数や期間限定の商品は値引きできない。
これは客寄せの為に家電屋が行うイベントでTVが先着5名1万円とかそういうイベント。期間限定や先着何名と書いてあるチラシを持ってきても、まず下がらない。

・価格.comの価格を持ってくる。
これは数年前から増えているが、ここにも値下げができるルールがある。それは、店舗をかまえているか?いないか?である。
価格.comは通販専門の店舗も掲載しているが、通販専門で実店舗が無い店の価格を持ってきても下がらない。
店頭でも購入できるか?が判断基準。

・ポイント分を価格から引いた額を見る。
ビックカメラではポイントをつけている。
購入額の10%~30%をポイントカードに貯めるサービス。
ここで注意して欲しいのが、表示されている価格からポイント分を引いた価格と他の店舗の価格が安いか高いかである。
たとえば、同じ商品が、A店で7000円で販売していたとビックカメラに値切り交渉しても、ビックカメラの表示が10000円でポイントが30%つく商品だと値引きできない。
ポイント分を引いたら実質7000円になるから。
どうしても現金で7000円で購入したい場合は、ポイントがつかないという条件であれば購入できる。
たまに7000円にしてさらにポイントもつけろ!という客もいるが、そういうのは無理。

・型落ち、オススメは下がり易い。
オススメと書いてあるpopがあるものはメーカーからのインセンティブが高い商品なので多少値引きしても赤字にはならないので値段が下がり易い。オススメ!とか1位!とか書いてあるものは狙い目。

人気商品や在庫が少ないものは下がらない。

そして型落ちの場合は新製品が発表された段階で下がり易くなる。

ただし、ゲーム・DVDは下がらないので注意。

ビックカメラで一番困るのは、コジマ電気と比較される事。
コジマは現金還元の上にポイント還元という2つの還元方法があるので、
表示価格より現金で値引きさらにポイントもつけるという事をされると
値引きしないといけない。
そういった店を持ち出されると確実に下がる。

値切るのが苦手でもこの方法を知っていれば誰でも当たり前に値切る事ができる。
逆に言うと店員がここまで値切れるのにと思っていても、安い!とか言って買っていく人もいるという事。

これを知っておけば損はしないよん。

【今日の動画】
空耳 朝鮮・韓国語

外国語は面白おかしく聞こえてしまうことが多々あります。

再生は画面の矢印マーク→を押してね。
もう一度観る場合はwatch again (ウォッチアゲイン)押してね。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mohitoyura.blog99.fc2.com/tb.php/51-d6764dcf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。